ヴィトックスαの副作用について

ヴィトックス

 

ヴィトックスには100種類以上の成分が入っていますが、心配なのは副作用ですよね。

 

いくら増大効果があるからといって、それで副作用で体を壊してしまっては元も子もありません。

 

僕自身、ヴィトックスαを試す前にネットの口コミで副作用について詳しく調べました。

 

2017年の1月現在、まだヴィトックスαで副作用で体をこわしたという報告はありません。

 

成分が100種類以上入っていますが、成分を見てみると、必須アミノ酸系のミネラル成分と、トナカイ角、マムシ、蜂の子、スッポンなどといった動物系のナチュラル成分、マカ、トンカットアリ、アカガウクルアといった植物系のナチュラル成分からできているので、体に優しいので副作用の心配はないかと思います。

 

僕自身ヴィトックスαを飲んでいて、副作用はおきませんでした。

ゼファルリンの副作用は大丈夫?

ゼファルリン

 

ゼファルリンもヴィトックスと同様に副作用の心配はありませんでした。

 

副作用といえば、頭痛だったり、腹痛だったり、発疹などがあると思いますが、どれもありませんでした。

 

成分は、ゼファルリンの場合は59種類です。

 

ヴィトックスαに比べると、あまり多くはないですが、有効成分はけっこう含まれているようです。

 

ゼファルリンも大きく分けて3種類の成分です。

 

アルギニンやシトルリンなどのアミノ酸系

 

スッポン、蜂の子、豚睾丸といった動物系成分、

 

アカガウクルア、ノコギリヤシ、ガジュッツなどの植物系成分からできています。

 

これらは薬のような、強い成分ではなく体に優しい成分ですので、副作用はないかと思います。

サプリは薬と違って副作用の心配はない。ただ効果は・・・

ヴィトックスにしろゼファルリンにしろ、自然な成分からできてるので、基本的に飲み過ぎない限りは副作用の心配はいりません。

 

ただ・・・成分が優しい分、薬と違って効果もつよくありません。

 

もしあなた頭が痛いとき、ロキソニンとかの痛み止めを飲むと、30分程度で痛みも和らぎますよね??

 

薬・医薬品には、強い成分が含まれているため効き目も早くて強い場合があります。

 

しかし、サプリにはそのような強い成分のものを入れてはなりません。

 

なので、どうしてもサプリは薬にくらべて効果が薄くなります。

 

大切なのは、継続して飲むことです。

 

継続することで効果が体の内側から徐々に外側に移ってきて、見た目からも効果がわかってきます。

 

なので、サプリを実践する時は継続するってのが大切になってきます。